いろいろな魚が釣れます

DAIWAトーナメントサーフ

投げ釣りでは海底が砂泥地か岩礁地かで釣れる魚がずいぶん違います。砂泥地ならキス・カレイ・メゴチ・イシモチ・ハゼなどが釣れます。また、岩礁地ならアイナメ・カサゴ・ベラなど根魚が中心です。岩礁地でもあまり岩がゴロゴロしているような所は根掛りばかりで釣りにくいですね。カクレ根(岩)と砂泥地が入り交じったような所が最適で、その点堤防周りはあらゆる条件が揃っていてベストな釣り場と言って良いでしょう。

魚のいる場所へ攻撃的な釣り

投げ釣りは、ウキ釣りやサビキ釣りのようにコマセを撒いて魚を寄せて釣る釣り方ではありません。エサの付いた仕掛けを遠くへ投げて、魚のいる場所をこちらから探す釣り方なのです。魚が掛かるのを待つ守りの釣りではなく、こちらからポイントに攻め込む攻撃的な釣りと言えるでしょう。

投げ方の基本はオーバースロー

投げ方の基本はオーバースローです。頭上からまっすぐに振り降ろす投げ方で、コントロールがつけやすいのです。初めは竿先からオモリまでの長さを50pほどで、慣れてきたら長くしてみましょう。そのほうが飛距離が出るはずです。
投げ釣りで、飛ばない人の原因は、多くの場合、竿が棒のままになっていることです。オモリの重さを竿に乗せ、竿の弾力と反発力を利用することが遠くへ飛ばす秘訣というか基本です。

サビキ釣り

えさをポイントまで投げたら今度は巻取りです。仕掛けを寄せてくる時には、リールで巻き寄せるのではなく、竿で仕掛けを引っ張るようにします。竿を自分の方(額のほう)に倒しながら仕掛けを引き寄せて、竿を元の位置に戻しながら寄って来た分だけリールで巻き取ります。この動作をサビク、つまりサビキ釣りというわけです。このサビキ釣りでは糸が常に張っているので、アタリは竿先を通して手元に伝わり、ほとんどの場合、向こう合わせで魚はハリに掛かってしまいます。

投げ釣りの釣り道具

本格的な投げ釣りの釣り道具に求められるもの、それは「飛距離」だと思います。「より遠くへ飛ばしたい・・・」、「より遠くのポイント狙いたい・・・」、これは投げ釣りをやられる方のある種の本能と呼んでも過言では無いと思います。
ロッド(もちろん投げ釣り専用の物)、リール(これももちろん投げ釣り専用の物)、道糸(力糸も含めて) 、オモリ(天秤の種類を使い分けます)など皆さんこだわっています。本当により投げ釣りをするのなら、まずちゃんとして道具を揃えましょう。

シマノ サーフリーダーFV(振出)425DX-T

キス釣り

夏の海釣りは釣り物が少なくなるのが一般的ですが、この時期は投げ釣りでシロギスを楽しむ事が出来ます。非常に面白い釣りでキス釣り専門の方も大勢います。
キス釣りは、砂浜から豪快に投げ竿をフルスイング!スポーツとしても成り立つくらいスイングを研究している方もたくさんいます。また、アタリはプルプルと小気味良く初心者でもアタリが良く分かります。
シロギスは、塩焼き、天ぷら、から揚げから良型はお刺身まで、食卓でも最高です。天ぷら屋さんではシロギスって定番ですよね。